Q 当社は私が立ち上げた会社で、先日創業から35年を迎えました。歳も歳なので、これを機に次の世代に会社を譲ろうと思い、これまで仕事を手伝ってくれている長男に当社の株式を全て譲ることを検討しています。もっとも、私の所有する財産はそれほど多くないので、株式を全て長男に譲ると、独立して当社の経営に関与していない次男との関係が気になります。どのような方法が考えられるでしょうか。...
Q当社に先月まで勤務していた工場長のBさんが、突然、当社宛に内容証明郵便で通知書を送付してきました。内容は当社で工場長として勤めていた期間のうち、最後の2年分について残業代を請求するというものです。しかし、当社では工場長を管理職として処遇しており、残業代を支払わない代わりに管理職手当として3万円を支給しています。出勤や休憩時間は他の従業員と同じルールですが、工場長には工場の従業員の人事労務の管理について裁量を与えており、採用やマネージャー職への引き上げなども工場長に判断させていました。Bさんに残業代を支払うことは納得できません。...
Q 当社は、お世話になったR社の社長のご子息が経営する会社で、ウェブサイトの制作を行っているS社を紹介されました。S社の社長は、「これからの時代は洗練されたデザインで、スマホにも対応できるサイトが必須ですよ」と言って、新しい自社サイトの制作を勧められました。R社長のご子息の会社ということもあり、信頼して契約書を作成せずに発注しました。必要な費用は概算で示されていましたが、具体的な金額はわからないまま作業が進められました。完成したサイトの制作代金は想像以上に高額で、スマホ対応になっていませんでした。S社からは「代金が高額になったのはそちらの要求が増えたからです」「スマホ対応はもともと別料金です」と言われてしまいました。R社との関係を慮り代金は支払いましたが、納得できません。...
Q 当社の従業員Aは、2年ほど前にうつ病を発症し、約1年間休職しました。主治医から復職可能と診断されたという報告を受け、一時は元の職場に復職させたのですが、5日後には症状が再発したため再び休職してしまい、その後さらに1年が経過しようとしています。Aには定期的に病状を問い合わせていますが、まだ治療中という回答があるばかりで、回復の見込みは不明です。当社は復職できるかどうか不明な従業員を長期間在籍させておく余裕はありませんので、先日Aに対し、退職を勧めました。ところが、Aは仕事を辞めるつもりはない、いずれ必ず復帰すると述べました。Aに代わる人員は配置しており、Aが復職しても同じ業務に就くことは想定していません。Aを解雇したいと考えていますが、問題ないでしょうか。...
Q当社の従業員Rは、同僚のSと共に営業を担当しています。RとSは平社員で年齢も同じですが、5年目のRに対し、Sは営業未経験の中途入社で2年目です。RはSを先輩として指導していますが、Sに対して厳しい態度を取ることが多く、Sのミスを強い口調で咎めることもよくありました。先日、SからRについて上司に相談がありました。SとRが2人で残業しているとき、SのミスをRが追及して「お前のせいで大事な顧客を失った。死んで詫びろ。お前なんか生きている価値がない」と言われたそうです。SのミスによってRの担当顧客が離れてしまったことは事実で、Sにも未熟なところがあります。Rは親身になるあまり指導に熱が入るところがありますが、引き続きRに指導を任せても問題ないでしょうか。...
Q 当社はレストランを経営していますが、従業員が料理を紹介するときに、「今日は新鮮な北海道産の蟹を仕入れましたので、おすすめです」と言いました。しかし、当日仕入れたのは国産ではなく輸入品でした。提供した蟹は国産と同等の品質・価格でしたが、後日お客さまから「国産の蟹だというから注文したのに、だまされた。支払ったお金を返してほしい」と言われました。お客さまは料理を召し上がったのですから、代金全額をお返しする必要はないと思いますが、どうでしょうか。...
Q当社はレストランを経営していますが、ビルの地下1階にあるため、お客様は1階の外に面した階段を下りて当店に入る構造になっています。先日、車椅子をご利用のお客様が事前のご連絡なしに当店を訪れましたが、車椅子で階段を下りることはできないため入店をお断りしました。お客様は従業員通用口にあるエレベーターを使えば店に入れるはずだと述べられましたが、そのエレベーターは厨房に面していて、車椅子では狭い厨房を通ることができません。お客様からは障害者に対する差別だとお叱りを受けてしまいましたが、当店としても最大限検討した結果やむなくお断りするものであって、決して差別するつもりなどありません。どう対応すればよかったのでしょうか。...
Q当社は、工作機械の製造を業とする資本金3000万円の株式会社ですが、工作機械の一部を構成する部品を、昔から付き合いのあるAさんが経営する会社(資本金1000万円)に発注し、製造してもらっています。Aさんの会社には毎月初旬に発注しますが電話でお願いすることが多く、発注から2週間後に納品、月末締めの翌月25日支払いで長年取引してきました。取引条件については特に書面で取り交わしていません。今月は資金繰りが厳しく、Aさんにお願いして支払いを翌月末まで待ってもらうことにしました。確実に支払うつもりなので、この程度の遅れであれば問題ないでしょうか。...
QX社の営業担当の従業員Yが、退職日の前日にX社のPCにアクセスし、大事な顧客名簿のデータを自ら持参したUSBメモリに全てコピーして持ち出してしまいました。Yはその後ライバル企業のZ社に転職し、Z社はX社の顧客名簿を使用して当社の顧客に働きかけ、顧客を横取りしてしまいました。これにより、X社には多大な損害が発生したのですが、YとZ社にその責任を追及したいと考えています。どのような方法があるでしょうか。...
Q (1) 当社は販促用のパンフレットを作成しましたが、その中に掲載するイメージ写真を選ぶにあたり、ウェブサイト上で無料配布されていた、いわゆるフリー素材をダウンロードして使用しています。無料で使用できることが謳われていたので特に問題ないでしょうか。(2) また、ダウンロードした写真に他の写真や文字を付け加えたり、大きさを調整するために余計な部分を切除するなどしてパンフレット用に加工しました。フリー素材であれば問題ないでしょうか。...
Q当社は従業員も少人数で、取引先も個人ではなく法人が大半なので、個人情報保護のための対策は取らなくても問題ないと思いますが、どうでしょうか。...
QS社は昔なじみの取引先R社に対して商品を卸していますが、このところ支払いが遅れがちになり、3カ月分の売掛金が未払いです。ところが、先日R社の代理人弁護士から受任通知が届き、R社は破産申立予定と書いてありました。R社の支払いがなければS社も資金繰りが厳しいので、R社の社長に支払いを迫ったところ、何とか半分は支払ってもらえました。S社には支払いを受ける正当な権利があるから問題ないでしょうか。...
QX社は「赤字覚悟の大幅値下げ」と謳い、値下げ前の価格を併記して、その金額の半額、あるいは75%引きなどと表示して販売していました。ところが、値下げ前の価格とは、前日の閉店前に30分だけ店頭に掲げていたものでした。このような販売手法は許されるでしょうか。...