審理手続の終結  審理の迅速な処理と審理関係人の手続的権利を保障する観点から、改正国税通則法では新たに、必要な審理を終え...
請求人・参加人からの反論書・参加人意見書の提出  審査請求人が提出する「反論書」に加え、今回の改正では、参加人においても...
審理手続の計画的進行  改正行政不服審査法では、審理手続きを迅速に行うには、審理を計画的に進めることが必要であり、かつ、...
これまで見てきたとおり、改正行政不服審査法においては、処分庁に対する異議申立てを廃止し、最上級官庁に対する審査請求に一...
不服申立期間の延長  前回は、国税の不服申立ての仕組みの見直しを取り上げ、現行の「異議申立て」が廃止され、納税者が直接審...
これまで主に行政不服審査法の改正内容をみてきたが、今回からはその特別法に当たる国税通則法等の改正に基づく、国税不服申立...
今回の行政不服審査法の見直しは、行政庁の処分または不作為に対する不服申立ての制度について、公正性および利便性の向上等を...
行政不服審査法が平成26年6月に改正され、それに伴い国税通則法等も改正された。総務省では現在、改正行審法の施行令案を公...