平成13年の税理士法改正は、税制改正法とは別個のものだったが、今回の税理士法改正は、「所得税法等の一部を改正する法律」...
税理士制度の見直しが盛り込まれ、平成13年以来の税理士法改正が実現することになる。  最も注目されていたのは、公認会計...
1 自動車重量税の見直し  平成26年4月1日以後に車検を受ける自動車の「自動車重量税のエコカー減税」が拡充される。新...
1 総合主義から帰属主義への変更  従来、外国法人等が国内に恒久的施設(PE)を有する場合、すべての国内源泉について申...
5 会社法の改正を前提とした整備  昨年11月に国会に提出された会社法改正案の成立を前提にした改正が3項目盛り込まれた...
4 地方法人税の創設  法人住民税法人税割の一部を国税化し、新たに「地方法人税」を創設する。具体的には、法人住民税法人...
1 復興特別法人税の1年前倒し廃止  企業収益を賃金の上昇につなげていくきっかけとするため、復興特別法人税が1年前倒し...
医業継続に係る相続税・贈与税の納税猶予等の特例措置の創設  同制度は、"医療法人向けの事業承継税制"ともいえるもので、...
8 個人事業者に係る事業再生税制の創設  個人事業者が、合理的な再生計画に基づき債務免除を受ける場合に、再生計画の手続...
6 相続財産に係る譲渡所得の課税の特例  相続財産である土地等を譲渡した場合の特例について、当該土地等を譲渡した場合に...
4 非課税口座内の小額上場株式等に係る配当所得および譲渡所得等の非課税措置(NISA)の使い勝手の向上  平成26年1...
1 給与所得控除額の上限の引き下げ  現行、給与収入1500万円までで、控除の上限額は245万円だが、これを段階的に引...