(1)何が問題になるかは税務署職員が決める?  税務調査段階における事実認定について注意すべき視点が二つあることをお話...
(1)事実認定は課税できるかできないかを決する?  事実認定は、税務訴訟ではそれほど争いがなく法解釈で決着がつくものが...
(1)税務訴訟では「事実認定」の争いはあまりない?  法解釈の主張方法について、文書作成の注意点も含めお伝えしました。...
(1)文章で主張をまとめる意義  税務調査の段階で法解釈について争いがある場合に、主張をまとめた文書を活用しよう、とい...
(1)法解釈の方法(まとめ)  税務調査にも「法的三段論法」が必要な時代になったという話をしています。 このうちファー...
(1)使える判例がない場合はどうすればよいか  法的三段論法のファースト・ステップとして、大前提である「法解釈」の話を...
(1)最高裁判例は下級審判決とは意味が違う?  法的三段論のファースト・ステップとして法解釈を行うというお話をしました...
(1)法解釈はどのように行われるものか?  税務調査でも「法律家の思考」である法的三段論法が使われることが明確になった...
(1)調査通達に示された調査の意義をよく読んでみる  「調査通達」(平成24年9月12日付で国税庁長官から発遣された「...
(1)税務調査の意義  「調査通達」(平成24年9月12日付で国税庁長官から発遣された「国税通則法第7章の2(国税の調...
(1)国税通則法第7章の2(国税の調査)関係通達の制定について  平成23年の国税通則法改正により、税務調査の手続が明...
(1)平成23年国税通則法の改正の影響は?  税務調査の手続が法定化され、税務調査の実務に影響が出ています。国税当局の...