タックス・ラウンジ

中央大学商学部教授・酒井克彦

平成27年17平成26年30平成25年33平成24年37平成23年30平成22年40

平成25年(2013年) 33件の記事

  • 平成25年12月23日号(4面)

    特定秘密の保護に関する法律(特定秘密保護法)12条2項には、特定有害活動及びテロリズムとの関係に関する事項が対象とされ…

  • 平成25年11月18日号(4面)

    Y(被告)が経営する公認会計士事務所において勤務していたX(原告)が、Yから平成20年6月に解雇されたが、当該解雇は無…

  • 平成25年11月11日号(4面)

    確定申告が参政権としての性質を有すると言われることがあるが、そうであるとすると、「申告」を第三者が代理することは許され…

  • 平成25年11月4日号(4面)

    租税法の解釈は、できるだけ文理に従って行い、みだりに拡張したり縮小したりすることがあってはならないといわれている。これ…

  • 平成25年10月28日号(4面)

    法人税法22条4項にいう公正処理基準が商法(会社法)上の会計処理規範を前提としたものと解する見解が租税法学における通説…

  • 平成25年10月21日号(4面)

    著名人や有名人が宣伝広告に登場するなどした、その事業の遂行が不正、不当であったり宣伝されていた商品に欠陥等があった場合…

  • 平成25年9月16日号(4面)

    税理士法52条≪税理士業務の制限≫は、「税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理…

  • 平成25年9月9日号(4面)

    いわゆるサンヨウメリヤス工業事件最高裁昭和45年10月23日第二小法廷判決(民集24巻11号1617頁)は、権利金設定…

  • 平成25年9月2日号(4面)

    租税法が対象とする経済事象は多様であり、極めて流動性に富むものであるから社会経済の変容に応じて適宜これを見直さなくては…

  • 平成25年8月26日号(4面)

    租税法の条文には「相当の対価」や「相当の地代」という、相当性を用いた不確定概念が用いられることがある。このような相当性…

  • 平成25年8月5日号(4面)

    消費税法58条は、「事業者又は特例輸入者は、...帳簿を備え付けてこれにその行った資産の譲渡等又は課税仕入れ若しくは課…

  • 平成25年7月15日号(4面)

    昭和33年12月付けの租税徴収制度調査会答申は、差押禁止の範囲を合理化するために、「最低生活費の額を定めるに当っては、…

  • 平成25年7月8日号(4面)

    故意論において、事実の錯誤か法律の錯誤かが論じられることがあるが、そこで登場する極めて有名な裁判例として、いわゆる「狸…

  • 平成25年6月17日号(4面)

    AFP通信によると、平成25年3月9日に、リビアでは、メタノール入りの密造酒を飲んだ人々が次々と体調を崩し、これまでに…

  • 平成25年6月10日号(4面)

    再生可能エネルギーの活用が議論されている中、植田和弘京都大学教授らは、再生可能エネルギーの促進に向けての民間投資誘発策…

  • 平成25年6月3日号(4面)

    上野の国立西洋美術館で先ごろ、ラファエロ展が開催されていた。ルネサンスを代表する画家ラファエロ・サンツィオ(1483―…

  • 平成25年5月27日号(4面)

    選挙における投票行動は代表的な政治参画手段の一つである。もっとも、政治参画の手段は何も選挙に関わるものだけに限らない。…

  • 平成25年5月20日号(4面)

    中勢(ちゅうせい)鉄道の乗務機関手(被告人)が、ガソリンカーを転覆させ死者2名ほか80名に重軽傷を負わせたという事件が…

  • 平成25年5月13日号(4面)

    平成25年度税制改正では、教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置が盛り込まれた。この制度は、祖父母(贈与者)が子や孫…

  • 平成25年4月29日号(4面)

    近時、消費税の増税前夜において、国民各階層から極めて多くの政治批判を耳にすることが多くなった。巷間、大衆増税を断行する…

  • 平成25年4月22日号(4面)

    所得税法施行規則57条≪取引の記録等≫は、青色申告者は、青色申告書を提出することができる年分の不動産所得の金額、事業所…

  • 平成25年4月15日号(4面)

    法人税法22条≪各事業年度の所得の金額の計算≫4項は、法人所得の金額の計算における収益の額及び費用・損失の額について、…

  • 平成25年4月1日号(4面)

    企業年金の一類型である厚生年金基金は、厚生年金保険制度の一部を代行運営するという「代行制度」に支えられているもので、公…

  • 平成25年3月25日号(4面)

    平成25年度税制改正案では、少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の拡充が盛り込まれた。いわゆる「日本…

  • 平成25年3月18日号(4面)

    平成25年度税制改正案では、子供や孫の教育資金として1,500万円を限度とする贈与税の非課税措置が盛り込まれた。この措…

  • 平成25年3月11日号(4面)

    昨今、消費税を生活必需品に課税すべきか否かという議論の中で新聞への課税軽減の是非がクローズアップされている。ドイツにお…

  • 平成25年3月4日号(4面)

    自民党税制調査会の平成25年度税制改正大綱がさきごろ発表された。 自公民三党合意が基礎にある改正内容となっているが、耳…

  • 平成25年2月25日号(4面)

    最近、話題の映画「レ・ミゼラブル」は、1789年のフランス革命が背景のビクトル・ユゴーの「ああ無情」が映画化されたもの…

  • 平成25年2月11日号(4面)

    田中弘教授の論文によると、中国でIFRSを企業会計準則に盛り込むに当たって、fairvalueを「公正価値」と訳したと…

  • 平成25年2月4日号(4面)

    これまで、住宅借入金等特別控除の適用を充実させて、消費税の逆進性緩和に役立てるとする案が議論されてきた。そこでは、過去…

  • 平成25年1月21日号(4面)

    租税回避が権利濫用の文脈で論じられることは多い。フランスにおいて、税務当局は、係争の取引に関し、その真実の性質を復元さ…

  • 平成25年1月14日号(4面)

    日本政府の税務行政について書かれたGHQ経済科学局長マーカットにより準備されたスタッフ・スタディ文書によると、その程度…

  • 平成25年1月7日号(4面)

    民法92条≪任意規定と異なる慣習≫は、「法令中の公の秩序に関しない規定と異なる慣習がある場合において、法律行為の当事者…

ページの先頭へ