電子版限定「速報ニュース

マイナンバーを利用した税理士の登録事務等の利便性向上で試験関係の新様式

2024年04月26日 税のしるべ電子版

 国税庁は4月26日、改正マイナンバー法等の施行日が5月27日に決まったことを受けて、税理士試験関係の新たな様式を公表した。令和6年度税制改正で措置された「個人番号を利用した税理士の登録事務等の利便性の向上」などが同法等の施行日から施行することとされており、5月27日に施行されることになったことを受けたもの。

 公表された様式は、①税理士試験受験資格認定申請書(第一号様式)、②税理士試験受験願書(第二号様式)、③研究認定申請書(第三号様式)、④税理士試験免除申請書(第五号様式)、⑤研究認定申請書兼税理士試験免除申請書(第六号様式)で、様式に個人番号(マイナンバー)記載欄が設けられる。5月27日以後は、これらの様式にマイナンバーを記載する。

 なお、②と③の様式で、実際にマイナンバーの記載が必要となるのは、令和7年度の税理士試験からとなる。

 国税庁の発表はこちら

国税庁2

関連記事

ページの先頭へ