遺言のデジタル化で民間の研究会が報告書案、新方式の具体例を示す

2024年04月08日 税のしるべ

遺言のデジタル化などを検討する、民間の有識者らによる「デジタル技術を活用した遺言制度の在り方に関する研究会」(座長=大村敦志学習院大学法科大学院教授)は3月19日、第6回会合を開催し、報告書案につい…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2

関連記事

ページの先頭へ