判決と裁決「公表裁決

【公表裁決】小規模宅地の特例の適用に当たり共同住宅の空室を一時的に賃貸されていなかったとは認めず

2024年02月05日 税のしるべ

【裁決のポイント】相続開始時に共同住宅の貸室の一部が空室であったことは、一時的に賃貸されていなかったものとは認められないため、その敷地の空室に対応する部分は、貸付事業用宅地等には当たらず、小規模宅地…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ