令和6年から電子取引の取引情報の電子データ保存が必須に、準備が間に合わない事業者には猶予措置あり

2023年12月04日 税のしるべ

電子取引データの出力書面による保存を事実上認めた「宥恕措置」が5年12月末で廃止され、来年1月からは電子取引の取引情報を電子データの形で保存することが必須となる。原則的な取扱いとしては可視性の確保等…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁3

関連記事

ページの先頭へ