判決と裁決「裁判所判決

評価通達205の適用巡り地裁で納税者敗訴、相続で債権取得も貸付先が申告前に解散したケース

2023年09月18日 税のしるべ

兄の遺言で財産を相続した納税者が相続税の申告をしたところ、課税庁から亡兄が代表取締役を務めていた法人に有していた貸付債権について、評価額が過少だとして更正処分等を受けた。これに対して、納税者が相続後…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2

関連記事

ページの先頭へ