判決と裁決「裁判所判決

相続税法上、「弁償すべき額が確定」する時期を巡り地裁判決、和解成立で確定と判断して支払いが現実になされたときとの主張を退ける

2023年08月21日 税のしるべ

納税者が相続税の申告をした後、裁判上の和解によって定められた価額弁償金を遺留分権利者に支払ったことから、当初申告に係る相続税額などが過大になったとして更正の請求をした。しかし、所轄税務署が価額弁償金…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ