5年度の民間出身の審判官採用は15人、最多は弁護士で7人、税理士は6人

2023年07月17日 税のしるべ

国税不服審判所は、10日付の人事異動で15人の民間専門家を、国税審判官(特定任期付職員)として採用した。 内訳は、弁護士が7人、税理士が6人、公認会計士が2人で、男性が10人、女性が5人となっている…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2

関連記事

ページの先頭へ