過去の連載「会計処理に必要な法人税の知識」税理士 小林 秀男

第10回/損金算入限度額と会計③

2022年06月13日 税のしるべ

法人税は、原則として事業年度単位の計算をします。しかし、中小法人である青色申告法人は、欠損金(赤字)の金額を繰り越して、翌年以降10年間の所得(黒字)の金額と相殺することができます。これを「青色欠損…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ