電子版限定「速報ニュース

インボイス制度で問合せが多い事項のQ&Aに電子インボイスの保存に係る2問を追加

2022年05月27日 税のしるべ電子版

 国税庁は5月27日、令和5年10月から導入される適格請求書等保存方式(インボイス制度)において、問合せの多い質問をまとめたQ&Aに、電子インボイスの保存に係る2問を追加した。先月28日に改訂した「消費税の仕入税額控除制度における適格請求書等保存方式に関するQ&A」の公表後に、問合せの多い事項について、追加問として整理し、集約したものとしている。追加された問いは以下のとおり。

 問1 当社は、適格請求書の交付に代えて、適格請求書に係る電磁的記録を提供しています。提供した電磁的記録については、電帳法に準じた方法により保存することとされておりますが、当該電磁的記録がXML形式等の取引情報に関する文字の羅列である場合、電帳法における保存要件の一つである「整然とした形式及び明瞭な状態」での画面及び書面への出力は、どの程度の表示が求められるのでしょうか。例えば、適格請求書の記載事項を示す文言(例えば、「取引年月日」という文言)も必要となるのでしょうか。

 問2 当社は、適格請求書の交付に代えて、適格請求書に係る電磁的記録(PDF形式)を提供しております。提供した電磁的記録については、電帳法に準じた方法により保存することとされておりますが、保存する電磁的記録は、相手方に提供したPDF形式のものではなく、このPDF形式を作成するための基となったXML形式の電磁的記録でも認められますか。

 同Q&Aはこちら

JDL3

関連記事

ページの先頭へ