電子版限定「速報ニュース

国税庁が電子帳簿保存法Q&Aの追加問答集を公表、青色申告の承認取消しの取扱いなど補足説明

2021年11月15日 税のしるべ電子版

 国税庁は11月12日、電子帳簿保存法Q&Aの追加問答集を公表した。令和3年度税制改正による電子帳簿保存制度の見直しに伴い、今年7月に「電子帳簿保存法Q&A(一問一答)~令和4年1月1日以後に保存等を開始する方~」が整備されており、今回の追加問答集は、このQ&A公表後に質問の多かった事項について追加問として整理し、集約したものとしている。
 Q&Aは3つに分けられており、電子計算機を使用して作成する帳簿書類関係での追加は3問、スキャナ保存関係での追加は6問、電子取引関係での追加は7問となっている。また、電子取引関係では、既存の4つの一問一答に補足説明が追加されている。
 電子取引関係の問42に対する補足説明では、電子データの一部を保存せずに書面を保存していた場合には、その事実をもって青色申告の承認が取り消され、税務調査においても経費として認められないことになるのではないかとの問合せについて、これらの取扱いについては、従来と同様に、例えば、その取引が正しく記帳されて申告にも反映されており、保存すべき取引情報の内容が書面を含む電子データ以外から確認できるような場合には、それ以外の特段の事由が無いにも関わらず、直ちに青色申告の承認が取り消されたり、金銭の支出がなかったものと判断されたりするものではありませんとしている。
 なお、追加問答集の内容は、電子帳簿保存法Q&A(一問一答)の次回改訂時に反映されるとしている。

 追加問答集はこちら

関連記事

ページの先頭へ