電子ブックビュー

連載「注目の一冊

ゼミナール相続税法(令和3年補訂)/松岡 章夫 編著

2021年08月30日 税のしるべ 無料公開コンテンツ

 本書は、相続税法創設の沿革に始まり、相続税法全般において検討を要する多くの重要項目に関して、重要判例、裁決例、税務当局の見解及び様々な学説等を踏まえて多方面から論理的に解説したものである。

 今般の改訂にあたっては、平成29年、30年、令和3年の非居住者等に関する課税範囲の見直し、令和元年度の配偶者居住権の評価の創設、平成30年の非上場株式等の納税猶予の特例措置及び相続法改正に係る民法改正といった前回版(平成27年1月改訂)以降の相続税法等の改正及び判例等を網羅した。

 諸制度の解説にあたっては、必要に応じて具体的な設例を用いて細部にわたる説明を行うとともに、諸制度の導入の背景・経緯について言及し論理的に検討している。

 利子税・延滞税・加算税等をはじめとする「附帯税」に関する項目に関しても言及し詳細に検討。

 巻末には「事項索引」のほか、本書収録判例を年次順に整理した「判例索引」を新たに収録している。

 A5判、1628ページ。定価6820円(税込み)。申し込みは、(一財)大蔵財務協会販売局(℡03―3829―4141、FAX03―3829―4001)。

国税庁4
ページの先頭へ