取引情報をメールと書面の両方で受領、「書面を正本」との取り決めあれば書面の保存のみで可

2021年08月30日 税のしるべ

来年1月からの電子取引の取引情報のデータ保存制度の見直しに関連し、取引の相手先から電子メールなどで取引情報を受け取り、その後、取引情報の原本を書面(紙)で受領した場合、いずれを保存すべきかという問題…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ