コロナ禍で大企業の減資相次ぐ、中小法人の範囲見直しの議論が再燃の可能性も

2021年04月05日 税のしるべ

資本金を1億円に減資すると発表する大企業が相次いでいる。法人税法上、中小法人は資本金1億円以下の企業と定義されており、法人税率の軽減措置などさまざまな優遇税制が受けられるためだ。中小法人の範囲を巡っ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ