電子ブックビュー

福岡県法連が豪雨被災者支援で県に義援金を寄託

2021年01月25日 税のしるべ 無料公開コンテンツ

 一般社団法人福岡県法人会連合会(竹島和幸会長)は12月17日、「令和2年7月豪雨」による被災者支援として、日本赤十字社を通じて義援金248万1046円を福岡県に寄託した。義援金は県内18の各法人会から寄せられたもの。

 福岡市南区の日赤福岡県支部で行われた贈呈式では、同県法連の園田慶一副会長=写真右=から松本義明事務局長=同左=に目録が手渡され、松本事務局長からは謝辞が述べられた。

国税庁3

関連記事

ページの先頭へ