電子ブックビュー

国税の納税猶予の特例、適用税額が1兆円を超える

2021年01月25日 税のしるべ 無料公開コンテンツ

 国税庁は14日、2年4月30日に施行された「納税の猶予制度の特例」(特例猶予)について、昨年11月30日までに猶予申請を許可した件数および税額を取りまとめ公表した。

 それによると、適用件数は25万521件、税額は1兆575億5900万円だった。これには既存の猶予制度の適用件数・税額は含まれていない。

 適用税額が最も大きかったのは消費税および地方消費税の6532億5700万円、次いで法人税の2808億5500万円、所得税の912億3000万円となっている。

 国税庁の発表はこちら

国税庁3

関連記事

ページの先頭へ