政府税調が暦年課税の見直しを議論、資産移転の時期の選択で中立的ではないとの指摘

2020年11月23日 税のしるべ

政府税制調会(会長=中里実東京大学名誉教授)は現在、相続時精算課税制度が資産の移転に中立的であるとされる一方、暦年課税は中立的でないとの指摘があるため、資産移転の時期の選択に中立的な税制の構築等につ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ