自治体の税務システム標準化へ総務省の検討会が議論、令和4年度以降の導入目指す

2020年10月19日 税のしるべ

自治体ごとに異なる地方税の業務に係る基幹システムと通知書や証明書などの様式を標準化する議論が、今年度から総務省の税務システム等標準化検討会で始まっている。すべての市区町村を対象とする方針で、対象税目…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ