令和2年1~3月創業なども家賃支援給付金の支給対象に、税理士の確認が必要

2020年09月07日 税のしるべ

新型コロナウイルスに伴い事業者の地代・家賃(賃料)の負担を軽減する家賃支援給付金の支給対象が拡充された。令和2年1月から3月に創業・新規開業した者などが対象に加えられ、8月28日から申請の受付が始ま…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ