令和元年度租税滞納状況、新規発生滞納額が10%減、新型コロナで滞納発生が後ろ倒しに

2020年08月17日 税のしるべ

国税庁はこのほど、令和元年度租税滞納状況をまとめた。全税目の滞納残高は、前年度比6・9%減の7554億円で21年連続の減少となり、10年度のピーク時(2兆8149億円)の26・8%に減少した。 新規…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ