過去の連載「コロナ禍の経営と事業承継」税理士・友松 悦子

第4回/現状の事業を継続すべきか判断を

2020年07月27日 税のしるべ

COVID―19との共存を想定した場合② 前回にCOVID―19と共存する場合には「出来るだけ直接および至近距離での接触を避ける」ということがポイントであると記載しました。そのためには、どのようなこ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ