令和2年分の路線価は5年連続で上昇、商業地はインバウンド効果

2020年07月06日 税のしるべ

国税庁は1日、令和2年分の路線価等を公表した。 全国約32万地点の標準宅地の評価基準額の対前年変動率の平均値は、1・6%のプラス(前年は1・3%)となり、5年連続で上昇した。都道府県別でみると、北海…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ