過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第24回(最終回)/我が国の国旗、日の丸の歴史について考える

2020年06月29日 税のしるべ

我が国の国旗は、法律上は日章旗と呼ばれ、古くから日の丸と呼ばれる旗です。世界的に見ると太陽が赤で描かれることは稀で、太陽は黄色又は金色、月は白色又は銀色で表すのが一般的であるようです。我が国でも、高…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ