過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第22回/家督相続の歴史、旧民法に採用された武士階級の相続法

2020年06月15日 税のしるべ

家督相続とは、明治31年(1898)から昭和22年(1947)までの間に施行されていた旧民法による遺産相続方式で、戸主が亡くなった場合は必ず長男が一人で全ての遺産を継承・相続するのが原則とされていた…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

JDL2
ページの先頭へ