過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第15回/商業手形の歴史、先人の知恵が現代に生きる

2020年04月20日 税のしるべ

現在のような手形制度は、中世に地中海沿岸の都市で発達した両替商が発行した手形に始まるとされていますが、我が国でも鎌倉時代には、替銭や替米と呼ばれる為替があったようです。室町時代には、替銭や替米を取り…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ