過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第14回/封建的雇用制度、奉公と日傭取り

2020年04月13日 税のしるべ

江戸時代の雇用には、継続的な奉公と、1日や短期間の就労である日傭取りとの2種類があり、奉公は概ね、①若党、仲間などの武家奉公、②下男、下女など家庭内における出替奉公、③番頭、手代、丁稚などの年季(年…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ