過去の連載「社長が知っておきたい自社株評価の基本の“き”」税理士・山宅 孝道

第2回/会社規模による判定での注意点、兼業している場合は取引金額が最多の業種

2020年04月13日 税のしるべ

Q会社の規模により評価方法が異なりますが、会社の規模の判定で注意することはありますか。A会社の規模の判定において、兼業している場合の業種判定、事業年度を変更している場合の取引金額に注意してください。…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁4
ページの先頭へ