過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第12回/不動産や物品の賃貸借 賃貸業の誕生と庶民の二重苦

2020年03月23日 税のしるべ

江戸時代の賃貸借には、主に店借、地借と損料貸しがありました。店借(借家)は家作(家屋)を賃貸借するもの、地借は家屋を所有する目的で土地を賃貸借するものであり、損料貸(賃貸し)は、損料を取って、衣類や…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ