過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第11回/多数当事者の債権・債務 保証、連帯債務の歴史

2020年03月16日 税のしるべ

保証の歴史は古く、律令時代、出挙の債務の人的担保として規定されています(雑令出挙の条)。鎌倉・室町時代を経て、江戸時代には、保証債務のことを請人、引受人などと称しました。保証債務者の責任は、保証文言…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ