過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第10回/消費貸借と利息制限、債権者と債務者との攻防

2020年03月09日 税のしるべ

江戸時代の消費貸借には、利息付きの借金銀と預り金の2種類があり、借金銀が有期限であるのに対して預り金は無期限でした。消費貸借の成立には書面の作成を必要としませんでしたが、その債権が訴権(裁判を求める…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ