過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第9回/売買の成立と解除、口約束と手締め、解約手付

2020年03月02日 税のしるべ

民法に規定する売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによってその効力を生ずる双務、諾成、有償の契約です(民法555)。江戸…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ