過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第8回/物的担保としての書入

2020年02月24日 税のしるべ

書入とは、鎌倉時代以降、江戸時代において金子を借用するに際して、債務者がその所有する動産や不動産などの担保物を借用証文の中に書き入れることによる契約方法をいいます。江戸時代の書入は、債務不履行の場合…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ