過去の連載「温故知新~時代を越えて受け継がれる慣習法」税理士・菅原 亮一

第7回/物的担保としての質、律令時代以来の担保物件

2020年02月17日 税のしるべ

担保権とは、債務者が債務を履行できなくなった場合に備えて、予め債権者がその債権を担保するために設定する権利をいい、物や権利に対する物的担保(質権、抵当権)と債務者以外の第三者からの人的担保(保証)と…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ