過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第47回/幕末の日米通貨戦争、国富である金貨の流出

2019年12月16日 税のしるべ

開港時の条約交渉では、通貨の交換比率は「同種同量」の原則に基づくことが合意され、嘉永7年(1854)の日米和親条約(下田条約を含む)では洋銀1ドルは一分銀1枚と等価とされていました。当時の国際市場で…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ