過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第45回/幕府最後の財政改革、天保の大飢饉と経世済民

2019年12月02日 税のしるべ

天保4年(1833)は雨が多く、大雨を原因とする洪水や冷害も併せて起きたことで大凶作となり、天保6年から天保7年にかけて最大規模となった「天保の大飢饉」が起きます。各地で餓死者を多数出し、幕府は救済…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ