電子版限定「非公開裁決(本紙未掲載)

【非公開裁決】相続した貸付金債権は回収の見込みがないとはいえない、更正処分は適法

2019年10月23日 税のしるべ電子版

審査請求人らが、相続財産である同族法人に対する貸付金債権は、回収の可能性が極めて低いため、当該法人の清算価値を基準に評価すべきであるとして相続税の各更正の請求をしたのに対し、原処分庁が、当該貸付金債…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ