生命保険金は受取人固有の財産で遺産分割協議の対象に該当せず、また、原則として遺留分算定基礎財産にも含まれません。つまり、相続対策では生命保険を上手に活用することが必要不可欠です。セミナーでは、生命保険のしくみ及び生命保険の課税関係の基本的な事項と、相続対策に活かすための生命保険とはどのようなものか、また、生命保険の持つ機能のうち「相続対策に役立つ生命保険」として、生命保険徹底活用基本10カ条など、具体的な活用法とその効果について解説いたします。


【日時】

令和元年10月18日(金)13:30~16:30


【会場】

東京トラック事業健保会館 大会議室
東京都千代田区四番町5-7


【講師】

税理士 山本和義


【テキスト】

『相続対策に役立つ!!生命保険の基礎知識と活用法』(2019年1月刊/大蔵財務協会)


【受講料】

1名につき12,000円(テキスト代等を含む)
※「税のしるべ」または「国税速報」の購読者は割引価格となります。
◇購読者でテキスト持参  7,600円
◇購読者でテキストなし 9,600円
◇未読者でテキスト持参 10,000円


【申込先】

当協会ホームページのメールフォームよりお申し込みください。FAXをご利用の方は、セミナーに参加の旨、住所、氏名(会社名)、連絡先、本紙購読とテキストの有無をご記入の上、FAX番号(03―3829―4004)までお送りください。


【問合先】

一般財団法人 大蔵財務協会
TEL 03-3829-4150


 同セミナーの申込みなどはこちら

令和元年9月9日号

令和元年9月9日号