税理士法人がリスクを適切に説明することなく節税策を提案し、それを実行したところ本来支払う必要のなかった多額の税負担が生じたとして顧問先の会社が約3億2900万円の損害賠償を求めていた訴訟の控訴審判決が21日、東京高裁(白石哲裁判長)であっ...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

令和元年8月26日号

令和元年8月26日号