通達で配偶者居住権が消滅した場合の取扱いが明らかに、合意解除や放棄で贈与税課税

2019年07月22日 税のしるべ

国税庁は8日、「相続税法基本通達等の一部改正について」(法令解釈通達)を公表した。この中で、「配偶者居住権(2月11日号1面、4月22日号1面参照)が合意等により消滅した場合について」の取扱いが示さ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ