グループ法人税制が適用される完全支配関係のある法人間で行われた船舶の譲渡が低廉譲渡に当たるとして課税庁が取引価格と税法上の取得価額(適正な価額)の差額を譲受法人では受贈益として益金に、譲渡法人では寄附金として損金算入限度額の範囲内で損金に...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

令和元年7月15日号

令和元年7月15日号