連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情

第27回/徴収手続きも定まっていた年貢

2019年07月15日 税のしるべ

「小物成」は、毎年定額で賦課される狭義の小物成(小年貢)と、臨時に賦課される「浮役」に区分できます。狭義の小物成は、田畑の本税・付加税である本途物成や高掛物以外の年貢で、郷帳の外書に「定納」として記…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ