過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第26回/統一的なものがない極めて複雑な年貢

2019年07月08日 税のしるべ

江戸時代においても、太閤検地による村落支配体制は継承されており、村には課税及び知行の基準となる「村高」が定まっていました。村高は、村内の租税を負担する「高請地」から得られる総収入高を見積もって、これ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ