過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第18回/御手伝普請、公的費用は諸大名にも負担させる

2019年05月13日 税のしるべ

徳川家康は、慶長8年(1603)に征夷大将軍となると、江戸を政治や経済の中心地にするため本格的な都市づくりを開始しました。全国の大名には普請役を課し、主に西日本の大名に所領千石につき人夫1人の労役「…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ