過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情

第17回/玉響の正徳の治、朱子学者の奮闘と挫折

2019年05月06日 税のしるべ

六代将軍家宣と七代将軍家継の治世の「正徳の治」は、政策の多くが家宣の代に白石が建議し、家継の代に日の目を見たものです。 武家諸法度は、二代秀忠の「寛文令」に始まり将軍の代替わり毎に改定を重ね、五代綱…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ