大分・公益社団法人豊後大野法人会青年部会(麻生春彦部会長)は2日、豊後大野市内で小学生を対象に租税教室とウォークラリーを開催し、50人を超える親子が参加した。
 租税教室では麻生部会長が講師を務め、税金の必要性や使い道を説明しながら税金に対する正しい知識と大切さを伝えた。
 この後、ウォークラリーが行われ=写真、一行は全長約2・5キロのコース中に設置された4カ所のチェックポイントで税金クイズや漢字クイズなどに挑戦しながらゴールを目指した。ゴール後は、タイム順に図書カードやカップ麺などの賞品が手渡された。
 参加者は税金の知識を学びながら、親子でウォーキングを楽しんだ。

平成31年4月8日号

平成31年4月8日号