私のユーチューバーの顧客の増加率から察するに、2018年はユーチューバーという職業が急激に増加した年だったと思う。その理由は、前年にYouTubeの収益システムが大きく変わったこともあるが、eスポーツの潮流に乗ったゲーマーが選手兼ユーチューバーとして活躍することになったのも大きな一因だと思う。子供たちが「将来なりたい職業」の上位にもランキングされた。
 ここまで定着したユーチューバーという言葉だが、先日の確定申告で、私は顧客から思いもかけないことを言われた。「先生、申告書の職業欄にユーチューバーと書くのは間違いですよ」
 動画のアップロードやライブ配信によって収益が得られるのは今のところYouTubeだけだが、将来、同様のサービスが他社で展開されて、そこで活躍したらユーチューバーではなくなるというのが理由とのこと。なるほど、それはその通りだ。というわけで、この顧客の申告書職業欄には「クリエイター」と記載した。他にも動画配信者、ストリーマー、ライブ実況者などという呼び方があるらしい。
 YouTubeのライブのサービスをスマートフォンでも利用できるようになった2017年に新たな収益機能が追加され、大きな収益が得られることとなった。しかし、収益を得るためには、YouTube側が提示する要件を満たしていることが条件であり、更に投稿内容などの審査をクリアすることが必要で、誰でも参入できるというものではない。主な収入は、(1)広告収益、(2)チャンネルメンバーシップ、(3)スーパーチャット、(4)ユーチューブプレミアム収益の4つである。
 チャンネルメンバーシップというのは、私の理解ではファンクラブ会費みたいなもので、クリエイターが提供する特典が受けられるというもの。スーパーチャットはいわゆる「投げ銭」であり、ライブ配信中にチャットストリーム(視聴者のチャットが次々と表示され消えていく画面)で、自分のメッセージをハイライト表示できる機能だ。スーパーチャットは電子決済で行う。私も顧客Yくんのチャンネルでトライした。最低金額の100円を入力...実行(決済)ボタン押下...すると次の瞬間、多くの視聴者から「ナイスパチャ!(スーパーチャットありがとうの意)」の掛け声がかかる。そして、Yくんの「先生、ありがとー!」と手を振る姿を見るともっと投げたくなる。これは実に楽しく、ハマると危険なニオイがするシステムだ。

平成31年4月8日号

平成31年4月8日号